紡ぎと台風とアカペラコンサート

0 Comments
畠山恭子
昨日の午前中、自宅でスピンドルスピニング講習をしました。
北区からいらしてくださったAさん。ポンタさんのホチキスパーティでご一緒した方です。スピンドルでの紡ぎは初めて(紡ぎ自体も初めて)だったので、ハンドカーダーの使いかたからゆっくりと。スピンドルはドロップで。
紡ぎの一番初歩のとっかかりまでしか伝えることができなかったけれども、基本がわかると、あとはどんどん楽しんで紡いでいけば、また新たに、自分のやりたいことが見えてくるし、そのときにまた次のステップを伝えられたらいいかなと思いました。
自分の手で、原始的な方法だけれど、一番シンプルなやりかたで、毛糸を作れるっていう感動が一番楽しいことだと、いつも思います。

8月末のウールの会の汚毛洗いと染めの講習にもいらっしゃる予定なので、そのときにまたお会いできそうでうれしいです。

で、台風も近づいている荒れた天気の日なのに、娘達は神戸であったアカペラコンサートに出演するので、午後からは神戸まで出かけてきました。こういうときは傘よりもレインコートなんですが、ね~。足元はすぐにずぶぬれになってしまうので、最初からミュール履いていきました。場所はハーバーランドのスペースシアターの特設ステージ。吹き抜けになっているので、反響があって、アカペラのコンサートにはちょっとと思いました。観客やまわりのギャラリーのざわざわとした音が全部反響してしまうので、声が聞きにくかったんです。(ところが、吹き抜けの上の階のバルコニーのところではざわざわとした雑音は聞こえなくて声がきれいに聞こえていました。最初から上のほうで聞いてたらよかったかな)マイクで音を拾っていたのでなんとか聞けましたけれど、こういうときは選曲が大事だな~って思いました。8組の出演団体の歌で聞いていていいな~と思ったのはリトルマーメイドのアリエルの歌でした。どっかで聞いたことがある~~~~としばらく考えていたんだけれど、思い出しちゃったらビデオみたくなりましたよ~。
終わって解散したあとは、スイーツハーバーの中のマジックアイスをいただいて帰りました。
台風のほうは夜中がひどかったみたいだけれど、四国沖だったので、思ったよりも影響は少なかったようです。ほっとしました。朝起きてみたら、すっかり風も心地よい感じに吹いていたので、よかったです。九州の方は雨や風の被害がひどくって、テレビで見ていても、大変だな~と思います。雨が少なくて水不足っていっていたのに、降るとなるとすごい量が降ったりして、うまくいかないもんだな~って思います。

畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。