弓ヶ浜綿

2 Comments
畠山恭子
cotton.yumigahama1s.jpg先日から綿の種をまくので、あわてて綿繰りをしたりしていて、昨年いただいたいろんな綿としみじみご対面。その中にyumikoさんからいただいた弓ヶ浜という綿がある。鳥取で広く栽培されていた品種で、一番繊維が短い綿。yumikoさんからは糸にするにはちょっと難しいかもと言われていたものだったんだけれど、綿ってほんとにカシミアにそっくりなので、オレンバーグスピンドルで紡いでばかりのこのごろだったら、もしかしたら紡げるかもとタクリを出してきて紡いでみた。今までタクリではこんなに細く紡げなかったのに、綿を手でほぐしただけで、すごくきれいに紡げるようになってる。なんだか嬉しい。でもやっぱり右手の中指にはまめが出来てしまうので、テープを先にはって作業をしなくちゃいけない。

シェットランドレースは、以前紡いでいたメリノの単糸(10番手あたり)が50g近くあったので、足りない分を紡ぎ中。メリノのトップで梳毛糸で紡いでいるのでとても楽に紡げる。オレンバーグスピンドルで紡ぐ糸もゆくゆくはシェットランドレースに生まれ変わる予定だけれど、ともかくはメリノの単糸でいこうかな。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 2

There are no comments yet.
tea  
チャルカと糸車

yumikoさん、yumikoさんからいただいた数種の綿の種を種まきして、芽が出るかな~と待っているところなんです。
弓ヶ浜が出てきたので、これも植えたいなって思っているんです。狭いベランダだからもしかしたら交雑しちゃうかもしれないけれど。
コットン用のカーダーで繊維をほぐして篠を作っても、なかなか難しくて、手で少しずつほぐして紡いだ方がいいかもしれないとやってみました。タクリはほぼチャルカと同じように紡げるので楽しいです。
糸車は紡錘の部分を父が作っているので、実家に帰ったときが楽しみなんですけれどね。チャルカもいいけれど、糸車でのんびり紡ぐって言うのをやってみたくて仕方ないんですよ。

2005/05/24 (Tue) 14:52 | EDIT | REPLY |   
yumiko  

teaさんこんにちは
あの綿で紡いでくださったのね!すごい細くてきれい!さすがです!!!
私は綿はスピンドルでは無理で糸車でばかりです。(ナバホだと紡げるけど速さがちょっとね)
先日upされていた糸車が楽しみです。

2005/05/23 (Mon) 10:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。