あと1時間あれば

0 Comments
畠山恭子
昨日は2日連続の織りの講習会でした。前日は踏み順にも慣れなくて、時間がかかっていましたが、(それでも織り始めたら進むのはとても早くて)織り進むことができました。ただ、経糸緯糸ともに同じ色なので、自分がどこを織っているのか、確認しながらでないと、わからなくなるんです。一応目印になる糸印は入れてはいたんですが。
で、あと少しのところでタイムアップになりました。あと1時間あれば、織りあがっていたことでしょう。でも、途中なので織り機からはずすことができないので、8月中にもう一度部屋を借りて織ります。
自宅でやっていたリジットの綾織も持っていきました。糸綜絖を使えば平織りのリジットでも綾織が織れるので、今やっているテーブルセンターが出来たら、マフラーを織ってみたいなと思いました。
ジャック式の織り機では飛びシャトルを使うのですが、リジットでも使いたいなと思いました。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。