シャトル 考

2 Comments
畠山恭子
shatl.jpg
平織りのマフラーを織ったとき、リジットには2枚の板杼しかなかったので、1色足りない。それぞれの色糸でシャトルが必要になるんだけれど、どうしようかと考えていて、原始機の時に使うシャトルを思い出した。どこにでもある細い丸棒に綾をとるように緯糸を巻いていけばOK。このシャトルだとリジットで織るときにはとっても便利。筬綜筬に当てるようにシャトルを通すと経糸を痛めないで緯糸を入れられる。板杼のときは経糸がすれて、糸に負担がかかるなと感じていたので、このやり方はいいかも。ちなみに写真に出ているシャトルの芯棒はブイヨンスピンドルの芯棒。織るものの幅にあわせて使い分けると織りやすかった。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 2

There are no comments yet.
tea  
買わなくても

織りをするようになると、最初は板杼だし、そのうちにボートシャトルがほしくなってしまうんですけれど、このなんちゃってシャトルも考えてみると楽でいいですよね。結構な長さを巻けるので、便利です。
昔の人はよく考えているな~と、本当に昔の人に感謝でいっぱいです。

2007/10/01 (Mon) 16:03 | EDIT | REPLY |   
RUMIKO  
こんにちは

このシャトルいいですね~、いつもながらteaさんのアイディアは素晴らしい!!!
最近織りにも興味が出てきたので頭の中にインプットしておきます。

ショールやマフラー、ステキです♪ 平織りも怪しい私ですがいつか綾織りもしてみたいなどと思いながら拝見!!! ふんわり白いショールが夢のようです。

2007/10/01 (Mon) 15:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。