手紡ぎサロン ハンドカーダーの使い方

0 Comments
畠山恭子
今日は自宅での手紡ぎ講習会 今回はハンドカーダーの使い方。
手紡ぎをするようになると、やっぱりきれいな糸を紡ぎたくなる。
その一番の近道がハンドカーダーを上手に使えるようになること。
ということで、ワルツのリズムで左手の使い方、右手の使い方と練習をしました。
手紡ぎを紹介している本にはハンドカーダーの使い方は一通りは書いてあるのだけれど
、写真でしか紹介していないので、その動きは写真だけではわからない。
ハンドカーダーについているリーフレットを見て、そのようにやってみても、
実際にはハンドカーダーの針に無理がかかっているやりかただったりする。

こつは、腕が疲れないこと。
針と針をかみ合わせるのはほんの瞬間でその後は引きずらないでサクッと離すこと。
針布と針布がかみ合うか合わないかのあわせ方で羊毛を梳くこと。
きれいに梳けているかどうか、必ず右手のカーダーを目で見て確認すること。
ちょっとしたコツを覚えたら、あとは自分で練習していくことでしか、上手にはなれないけれど、
やっていくうちにコツをつかんでくる。

それから紡毛の紡ぎ方。途中でスラブが出ても、糸をちょっと伸ばしてあげると、
スラブがするすると同じ太さになっていくということもやってみました。
輪ゴムをきゅーんと伸ばす感覚がわかったら大丈夫。
あとはひたすら紡ぐことを楽しんで、スピンドルと遊んでいるとどんどん上達する。
年が明けてからこっち、自分ではちっとも紡いでないので、そろそろ紡ぎたくなってきたな~。
でも、紡ぐよりも編むほうが待っているので、とりあえずは編まないと作品に仕上がっていかない。
今年はなんだか作品になるペースが落ちている感じがします。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。