織り 講習

0 Comments
畠山恭子
6月4日にウールの会の6月の織りの講習が始まりました。
平織りの網代と千鳥格子。
私の持っていった糸はちょっと足りなかったので、ウールの会で用意していただいた糸を使って。
講習では千鳥格子をやります。
色がとってもシック。
整経はちょっと難しかったです。普通に2本で整経すれば楽なのですが、4本一緒にしたので、綾を取るときにちょっとややこしくて。でも、理屈がわかってしまえばなんとかなります。
ほかの方たちは網代が多かったので、千鳥格子よりももうちょっと複雑になっています。
ということで、1日かかって、そうこう通しが半分しか出来ませんでした。
う~ん。もうちょっとできたらよかったのに。
でも、平織りなので、織り始めたらあっという間に仕上がるはずなので、次回からがんばろう。

網代織りの方は本を見て、理屈はわかっているので、リジットの整経のやり方でできないかとやってみた。
ところが計画表のとおりにできない。面倒でも整経台を使っての整経のほうがわかりやすいことに気がつく。
ということで、自宅にあった綿糸を使ってマフラーを織ってみた。
整経にちょっと手間取ったけれど、模様部分で区切って数えていくとわかりやすく、失敗がない。
織り始めるとあっという間だった。整経も織りもあわせて、一日でできてしまった。
写真はまた明日。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。