神戸花鳥園 

2 Comments
畠山恭子
先日の日曜日、神戸花鳥園にでかけてきました。
前々から、一度行ってみたかったんです。
正面入り口から入ると、ふくろうたちがいました。かなりの種類のふくろうがいて、動物園でもあそこまで種類は多くないだろうと思うくらいたくさんいました。
中にはちっちゃなみみずくもいて、かわいい丸いお目目でじ~~~~~っとこちらを見つめてくるので、にらめっこをしているようで楽しかったです。
写真を撮ろうとすると、すぐによそ向いちゃったりするんですけれどね。ガラス越しでした。
ふくろうの飛行ショーとふれあい体験がありました。
娘の腕に乗っているのがマロン♂です。
背中側からだと、触ることができるので、触れてみましたら、しっかりした羽をしていました。
娘たちに聞くと、結構重かったそうです。2kgらしいです。
0808032.jpgこちらはオオハシの餌つけをすることができます。
小さくカットしたフルーツのカップを手に持っていると、すぐに飛んできて腕に乗ってきます。
ものすごく人馴れしちゃっているので、びっくりです。
くちばしが大きいので、ちょっと怖い感じもするんですけれど、餌はフルーツだし、人をつつくことはないので、かわいいです。
オオハシはしょっちゅう動き回っているので、写真を撮るのが大変でした。
それでもたくさんいるので、あちこち写真を撮れたのでうれしいです。
動物園ではゲージの中を見るだけなので、鳥とのふれあいってことを思うと、こっちがいいな~と思いました。

オオサイチョウにも餌をあげられるのですが、こちらはおなかいっぱいみたいで、疲れてへばっていました。
やる気のない中学生が机にでれっとしているのと同じ格好で飼育員のそばにいたので、おかしかったです。
そのほかにも、手乗りのインコと触れ合えるコーナーがあって、オカメインコと遊んできました。
オカメインコとってもかわいかったです。
子供のころに飼っていたセキセイインコはすぐにかじるので、痛かったのですが、オカメインコはかじってもちっとも痛くありませんでした。
おとなしいし、大きさも手ごろだし、こんなに人懐こいんだったら、家でも飼ってみたいなと思いました。(ゲージを置く場所を確保しないと飼えないんですけれどね)
雛から飼ってかわいがってみたいです。
オカメインコの名前のとおり、頬がオレンジ色がかわいいとおもったんですが、そうでないものもいて、グレーの羽がとってもきれいでおしゃれなインコでした。
娘たちもかじられても痛くないオカメインコがすっかり気に入って、しばらく一緒に遊んでいました。
クビワコガモにも餌をあげることができて、とっても面白かったです。
カモはくちばしがスコップみたいだから、つついでも痛くないですし、手のひらに餌を乗せると、つついて食べてくれます。
可愛らしくてなんともいえません。
ひょこひょこ歩く姿もかわいいです。
今回はお昼を三宮で取る予定だったので、半日だったんですが、ゆっくり一日いても楽しい場所でした。
花もいろいろと多くおいていたので、ゆっくり見て回っても楽しそうです。
0808033.jpgお昼からは、神戸とんぼ玉ミュージアムとランプミュージアムに行きました。
とんぼ玉は体験させてもらえるので、やってみました。
色ガラスで玉を作って、すきな色の模様をつけるだけの簡単なものだったんですが、きれいな球にするのには難しかったです。
みんなちょっとゆがんでいます。
紀元前のものからずっと展示されていて、びっくりしました。
昔の人も今の人も、きれいだという感性は変わらないんだと思いました。

ランプミュージアムは人と灯りの歴史を大昔から流れで展示していてて、かなり勉強になりました。
ランプも人が作った工芸品になるのですけれど、美意識がちゃんと入っているので、見ていてあきません。
娘たちはじっくり見て回らなかったんですが(興味あるところだけ見てる)昔の生活に思いをはせると、本当に楽しくなります。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 2

There are no comments yet.
tea  
こんにちは

しろまるさん、こんにちは。
ボスニアン・クロシェというのですね。
私が参考にしたビアンフェの記事も、八田さんだったんですよ。だからまったく同じものです。羊ざんまいのリンクありがとうございました。
あの時、編んだ娘たちのグローブも小さくなってしまったので、また、ほどいて編みなおしをしようかと考えています。
毛糸玉、買ってきて、クロシェも手に入れたいですね。情報、ありがとうございます。
夏休みになると、ずっと子供たちの宿題にかかりっきりになってしまうので、自分の手仕事がお休みになってしまって、つまりません。早く手仕事再開したいな~。
オオハシ、動物園などではゲージの外から見るだけなんですけれど、ここは触れ合えるので、本当にびっくりします。あの大きなくちばし持ってて、頭が重くないのかしらって心配になっちゃいました。自然の色って、ものすごくカラフルできれいです。

2008/08/28 (Thu) 00:34 | EDIT | REPLY |   
しろまる  
こんにちは

teaさん、こんにちは。しろまるです。
今発売中の毛糸だまに、ボスニアン・クロッシェという記事があるのですが、それがteaさんが以前書いていらっしゃったスウェーデン鉤針編みと同じもののようなので(針の形が同じ)、私のブログでteaさんのブログ(teaの羊ざんまい)にリンクを貼らせていただきました(URL欄がその記事へのリンクです)。
事後報告で恐縮ですが、もし何か問題があればおっしゃってください。

オオハシ、なんて鮮やかなカラーリングなんでしょう。どうやってこんなコーディネイト?になったんでしょうね。フクロウには私も見つめられてみたいです・・・。それからトンボ玉!チャンスがあったらチャレンジしてみたいと思っているのですが、思っているより難しそう。でも楽しそう。
それにしても、なんとも充実した一日ですね!

2008/08/26 (Tue) 20:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。