フラットクロシェフック 

0 Comments
畠山恭子
bosnian2.jpg

フラットクロシェフックが手元にやってきました。
同封していたリーフレットに編み方と、リストウォーマーの作り方が出ていたので、早速編んでみました。
編み方の紹介をしている林ことみさんは右手に糸をもつやりかたなので、それもやってみましたが、ちょっと編むのに、慣れないし、時間がかかるので、いつもどおりに左手に糸をかけて、テンションをゆるめて、右手でフックを持ちながら、糸が締まらないように指で押さえながら編んでみました。
結局右手で糸をかけるなんてやりかたでなくても、ちゃんと編めました。

本場のフラットクロシェフックは鈎針の先がちょっと幅があって、その幅があるので、最初の鎖目を編むときも、目が小さくならずにちょうどいい感じに出来ました。
鍵の大きさもポイントのようです。
並太の糸で編むときは、こちらのもののほうが編みやすいと感じました。
アイスキャンデーのバーで作るフラットクロシェフックも、太いものだと同じように作ることができます。

今回は手紡ぎ糸を使ったので、毛羽がよく出ていたので、ちょっと絡みやすかったです。
金属のものは、ちょっとひっかかりやすいかな。
日本の鈎針は金属のものでもきれいに丸く研磨されているので、糸が引っかかるってことはないのですが、このフラットクロシェフックは滑らかに研磨されているのでなくて、ちょっと荒削りという雰囲気もあるので、自分できれいにやすりをかけようかななんて思いました。

でも、あっという間に作品になっていくこの編み方をやっていると、あれこれ編んでみたくなっちゃいました。

一緒に写っているのは、黒檀の鈎針セット。
見ると、どうしてもほしくなって買っちゃいました。
手に持ってみると、とても軽いです。
これは編みやすいな~と思いました。
鉤針編みはあまりしないので、慣れないせいもあってか、金属の針を使うと、どうしても指や手が凝ってきます。
でも、持ち手のついたこの黒檀製の鈎針だと編みやすいとすぐにわかりました。
モチーフ編みも編んでみたいな~。

畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。