感動~~~~

6 Comments
畠山恭子
itogurumas.jpg
春休み中に鳥取の骨董屋で見つけた糸車。すすけていて、動輪の芯の部分が朽ちていて、補修ができるかどうかとても難しかったんだけれど、それでもぼろぼろというほどでもなかったので、手に入れていたのを、父が全部分解して、動輪の芯の部分も新しく作り直してくれて、すすけていた部品もすべてきれいに磨いてくれて、新品同様に生き返った糸車。この糸車の補修がいままでやったもののなかで一番難しかったそうだ。まさか父が全部分解して、だめになった部品は新しく、そのほかも補修して、生き返るなんて思っていなかっただけに、新品になって手元にやってきたのには本当に驚いた。もう感動で、感謝感激で、言葉につくせない思いでいっぱい。早速調(しらべ つむに動輪の回転を伝える糸)を作って、チャルカのつむでお試し紡ぎ。久しぶりの綿糸の紡ぎだったけれど、なんとか紡げる。日本の糸車で、手紡ぎ糸が出来るなんて夢のよう。チャルカでの紡ぎも楽しいけれど、糸車もとっても楽しい。あ~~~、羊毛の紡ぎも楽しいけれど、また綿糸紡ぎも楽しくなりそう~。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 6

There are no comments yet.
tea  
えりごんさんへ

えりごんさん、はじめまして。
綿繰り機、綿の紡ぎをされている皆さんは、本当に必死の思いで探されているようですね。私もずっと探し続けてきましたけれども。鳥取の骨董屋の情報はメールでご連絡したいと思っていますので、私宛にメールをいただけないでしょうか?よろしくお願いします。

2005/06/04 (Sat) 16:23 | EDIT | REPLY |   
えりごん  
こんにちわ

はじめまして。
友達に教えてもらって、織りを始めました。
綿を育てる所からやってみようと言う事になり、八尾市に頼んで「河内木綿」の種を
いただき、植えました。
糸にするにはたくさんの道具がいるのですね!私もよろしければ、綿繰り機を購入された
鳥取の骨董屋さんを教えていただけないでしょうか。
オークションとかで捜しても、ないのです。
やっぱり、少しでも安く手に入れば嬉しいですものね!
無理でしたら、結構です。よろしくお願いいたします。

2005/05/29 (Sun) 16:58 | EDIT | REPLY |   
tea  
naomiさんへ

はじめまして。
鳥取の骨董屋の情報はメールにて
お知らせしましたので、ご覧ください。
織りの道具、綜絖をトレイ代わりに使っていました。紡ぎの道具も織りの道具も今は使える人が少ないので、インテリアとして
飾っておくみたいな使いかたをしているみたいです。

2005/05/22 (Sun) 06:53 | EDIT | REPLY |   
tea  
naomiさんのコメント

はじめまして。
少し前からちょこちょこ拝見させていただいております。
ところで糸車、いいですね~。
私も今、糸車探しの真っ最中なのですが、
よろしけれは購入された鳥取の骨董屋さん、
教えていただけないでしょうか。
確か綿繰り機もそこで購入されたとか。
織り道具がよくあるお店なのでしょうか。
見つからなければ新品で購入しようと思ってるのですが、
諦めきれなくって…。
よろしくお願いします。

posted by naomi : May 21, 2005 10:15 PM

2005/05/22 (Sun) 06:50 | EDIT | REPLY |   
tea  
小萩さん、micaさん、Lindaさんへ

小萩さん
父の趣味が木工なんです。子供の頃から、家には父の作った生活に必要な木工作品がちょこちょこあって、作ってもらえるのが当たり前に感じていました。そういう父の姿を見ているから、道具は作れるものなら作っちゃえと考えるのかもしれません。
糸車は日本人ならやっぱり糸車もほしくてほしくて、そっちで紡ぎたかったので、こんなに新品になって手元にやってくるとは思いもかけず、嬉しいことでした。
小萩さんは今年は棉を育ててみられるのですか?北海道ではうまく育つのでしょうか?もともと亜熱帯が原産の植物だから、ちょっと難しいかもしれませんね。近年は北海道も暑くなってきているから大丈夫かな?

micaさん
お引越し大変でしたね。やっとネットの世界に戻ってこられたところでしょうか。
無理せず、マイペースで手仕事に戻ってきてね~。
つむを固定する部分は糸車は竹皮を使うやり方の方がぶれないのかもしれないですね。チャルカにはチャルカの、糸車には糸車に適したやり方があるようです。

Lindaさん
とても大変な補修をしてくれた父に感謝なのです。父のことだから、もしかしたら一度ばらして、なんて思っていたら、やっぱりそのとおりで、今までに作ったどの作品よりも一番難しかったと言っていました。それでも直してしまう父なので、本当にびっくりです。骨董屋で買ったのに、骨董じゃなくなりました。またこれから何年も現役で働いてくれそうです。

2005/05/18 (Wed) 13:17 | EDIT | REPLY |   
tea  
小萩さん micaさん Lindaさんのコメント

おぉ~画像で見ても新品同様に見えますね。お父様の腕前、すばらしいですね~。teaさんの器用なところは、もしかしてお父様譲りでは? この糸車さんもまさかこんなにきれいになってteaさんのところでまた紡ぐ仕事ができるなんて思ってもいなかったでしょうね~。 私も今年は綿の種を植えるので収穫が楽しみです。 
posted by 小萩 : May 7, 2005 11:24 AM

わ~良いですね!
とっても綺麗に復活したのですね!お父様すごい!!
ウチの夫をteaさんのお父様の所に修行に出したいです。
我が家の手製糸車は引っ越しの為に分解されちゃったままです。

その転居も何とか済みました。
早く手作り再開できるよう、頑張って片付けたいです。
posted by mica : May 9, 2005 12:34 PM

すごーーーーい(^0^)!
分解お掃除でまるで新品ですね~♪

画像で見ただけでも
分解&お掃除だけでも大変そうなのに
補修までして生き返らせちゃうお父様素晴らしいです!
でも自分が頑張って生き返らせたものをお嬢さんがこんなに大喜びで使ってくれるのって幸せですよね~
posted by Linda : May 11, 2005 04:46 PM

2005/05/18 (Wed) 13:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。