野呂くれよんに魔法をかけて

0 Comments
畠山恭子
noro2
野呂くれよんを撚りを戻して、2本を1本ずつにわけて、再び、糸が切れないくらいのゆるい撚りをかけて、魔法をかけています。
途中で結び目があったので、その箇所でいったん手を止めて、再度作業をしたので、全部で4つの糸玉ができました。
色が白っぽい右側の糸玉は、まだ仕上げの撚りをかけていません。
ねじりかせにしたほうは、かせにした状態だと、単糸のはずなのに、くるくるしないで、そのまま編めそうです。糸が細めなので、撚り止めをするときは、今回は蒸そうかとおもっているんですが。
結構糸長がでそうなので、ミニマフラーくらいは編みたいところです。
やっぱりあじろがいいかしらん。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply