どちらが速いか

0 Comments
畠山恭子
nabaho2
トップホイールスピンドルと、ブイヨンスピンドルと、どちらが速く紡げるか比べると、
私の場合は断然ブイヨンスピンドルに軍配があがります。
紡ぐ速さはそれほど変わらないけれど、スピンドルに巻き取る速さが
ブイヨンスピンドルのほうがずっと速いから。
それと、トップホイールスピンドルでは巻取りのときに、糸にテンションをかけているので、
ちょっと糸に負担がかかっているような気がします。
トップホイールスピンドルはドロップなので、
やっぱり油断して、紡ぎだしが遅いと撚りが多くかかってしまい、強撚になりやすい。
だから糸としてはちょっと硬めになりそう。

それから、ナバホ撚りをしながら、紡ぎながらというやりかたでは、
糸の切り替わり部分が30cmくらいで出てくる。
立ったまま紡ぐとだいたい単糸の長さは1mが限度。
ナバホ撚りはその糸を3等分するわけなので、おおよそ30cmになるというわけ。
私はどちらかというとナバホ撚りに関しては、ブイヨンスピンドルを使って
左手を目いっぱい横に引く方法であわせるので、糸の切り替わり部分は50cm間隔くらいになる。
どちらがすきか、それは好みの問題なので、なんともいえないけれど、
全部紡いでから、改めてナバホ撚りをしたほうが速いのかもしれない。

ともかく、トップホイールスピンドルで紡いだ糸は、写真のようにとってもバルキーな糸になりました。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。