Y字リリアン編み

0 Comments
畠山恭子
ririan.jpg
ずっと前から欲しかったものです。
2本フォークみたいな形をしたリリアン編み機。
リリアン編み、昔々子供のころ、プラスチックのそれで、リリアンの紐を、ただひたすら編んで紐を作っていたことを思い出します。
あのころはリリアン編みのコードがいろいろあって、もっぱら段染めの糸で編んでましたっけ。
あのリリアンとほとんど同じことをしているんだけれど、本数がたったの2本ってことだけなんです。
2本の間隔が開いているので、使える糸は極太くらいの毛糸か、裂き織り用の布テープってところかな。2目だけのリリアン編みなんで、なんとも面白い表情を出してくれます。
ひたすら紐を編んだら、これ、ナニに変えようかしら。

隣に写っているのは一緒に買ったハサミつき糸巻きボビン。
ボビンに巻かれている麻糸がやたら油くさくって。びっくりです。
そんなに長さがないから、ラッピング用かしら。
ハサミはまるで花切狭の小さいバージョン。でも、すっごく切れ味シャープなんです。

ぽちっとしてしまったのは ここ です。

追記
このリリアンは太めの糸専用になりそうだから、手紡ぎの太い糸を使ってリリアンを編んで、くるくるっと丸めて、コースターにするかな~。リリアン編みの後にフェルト化するのも面白いかもしれない。
届いたものは、ちょっと研磨仕上げが足りなくて、毛糸を使うと、羊毛の繊維がひっかかるので、再度細かい番手の紙やすりで仕上げ磨きをしました。ちょっとのことで、使い勝手がよくなるので、このへんは手抜きなしで。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply