tea's spinning memo
   teaの手仕事、手紡ぎいろいろの日々
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from angeteaan. Make your own badge here.
 
Angelique My HP
teaの羊ざんまい
teaのつれづれおぼえがき
RSS1.0
プロフィール

tea

  • Author:tea
  • タティングレースとスピンドルスピニングに夢中です。紡毛機リトルジェムやってきました。でも、スピンドルで紡ぐのが好き。シェットランドレース編んでます

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 printO'the wave 糸玉たち
wave9.jpg
波乗りショールを編むためのレース糸。
径5cmくらいの丸い厚紙に巻きつけています。
これは双糸にするときに必要なボビン。
双糸にあわせながら、ボビンに巻き取って、そのあとの撚り止めは湿ったクロスに包んで、暖かい場所に置いて、クロスが乾いたらできあがり。
というとても簡単な撚り止め方法です。
湿ったクロスといっても、私の場合は手近なフキンでぎゅっと絞ったもので湿り気を与えて、ほったらかしにするというやりかた。
時間がたつと、ちゃんと縒れずに撚り止めになっています。

追記
レース糸の双糸
レース糸のような超細番手の糸は、双糸に合わせるときにはとっても苦労します。
普段やっている二つのスピンドルから、糸を引き揃えて、もうひとつのスピンドルで撚りかけして、巻き取るということはとっても難しい。
なので、どうするか。
最初に二つのスピンドルから、糸を引き揃えて、新しいスピンドルの軸に、撚りをかける向き(S撚り)に巻き取ってしまいます。
巻き終えたら、径5cmほどの丸い厚紙に糸の端を持って、糸が巻きついているスピンドルを反時計回り(S撚り)に回して、撚りをかけて、双糸にしていきます。撚りをあわせたら、ボビンに巻き取っていきます。
この動作の繰り返しで、レース糸を双糸にします。

diary | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0
(2009/07/11(土) 07:56)

<<20番手の壁 | ホーム | 編み物Gで紡ぎブーム到来!>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://teaangelique.blog10.fc2.com/tb.php/646-7077b98a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 tea's spinning memo all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。