石鹸をカットすること

0 Comments
畠山恭子
savoncat.jpg
この夏、久しぶりに石鹸を仕込んだ。娘の自由研究のお手伝いなのだけれど。
そのときにココナッツオイル100%で作った石鹸が、とても硬く仕上がって(鹸化率95%)、いつも使うテグスではカットできなかった。
どうしようかと悩んでいて、マルセイユ石鹸のワイヤーだと切れるかなと思い、あの憧れのサボン・ド・マルセイユを入手した。
この木箱も、石鹸も憧れそのもの。
付属の石鹸カッターのワイヤーはなかなか使いよい。
もちろん、あの硬いココナッツオイルの石鹸もカットできた。
でも、ワイヤーだと力加減でゆがみがでたりする。(不慣れで下手なだけかもしれないが)
そういえば包丁でも切ることができたなと思いつつ、包丁で切ってみた。
マルセイユ石鹸は使いやすいように(というか、早く乾燥して欲しくて、ちょっと薄めにカット)
包丁がゆっくりゆっくりソープバーに入っていく感触。
テグスを使ってカットする前は、包丁で切っていたんだった。
あの感触が蘇って、なんだかとても幸せな気分になった。
とても高価なこの石鹸、洗顔用になるんだけれど(お風呂でも使ってるが)かなり長持ちしそう。
そして、硬かったココナッツオイルの石鹸も包丁でカットすることが出来た。

また石鹸生活が始まる。
ここちよいオリーブオイルの香りのいい石鹸と一緒に。
香料の入った市販の石鹸とは違う肌あたりがやっぱり好き。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。