手間かかる平織り

2 Comments
畠山恭子
nafuda1.jpg
先日紡いだ紡毛糸をつかって、紡ぎカフェの名札の台布ができないかと、織りはじめ。
インドの織り木枠をつかってます。
綜絖がないので、アイスキャンデーバーを使って、糸を拾っていき、定規で糸を開口して板杼で横糸を入れる。
コースターなど、小物を織るときにはいつもこのスタイルだったのだけれど、あんまり久しぶりだったので、とってもやりにくい。
よっほど糸綜絖をつくろうかと思ったくらい。
縦糸も手紡ぎ糸だから、糸が開口しなくてまいった。
最初からリジット使えばよかったかな。
これはしっかり縮絨かけて目を詰める予定。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ


畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 2

There are no comments yet.
tea  

じじさ~ん
縦糸絡みまくりの平織りでした。
でも、慣れてくると、順調に織れました。
紡ぎカフェの名札、
みんなで作りましょ~。2月の楽しみにしておいて。

2011/02/09 (Wed) 16:01 | EDIT | REPLY |   
じじ  

上下の糸が絡むんですよね。
これはツラい~~~~
糸ソウコウを作ったほうが気持ちがラクかも・・・

「紡ぎカフェの名札」!!
どんなんできるんでしょうか♪♪
うふ~~~

2011/02/09 (Wed) 05:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。