FC2ブログ

世はインスタント?

2 Comments
畠山恭子
出先で春色マフラーを持っていって編んでいたら、言われた。
「こんなん買うたら、安いやん。インドネシアとか」
「なに、言うてんのん。作るのが楽しみやねんで。でも、こんなほっそい糸、編んでも編んでもなかなか大きくならへんな~」

う~~~~む。
やっぱり、編み物を趣味としていない人たちから見れば、
買ったら安いし、早い。
買うたほうが得という思いがあるんやろうな~。
そして編み物も、太い糸でざくざく編んで簡単に編んでしまいたいって気持ちも見え隠れ。

そんな思いが頭をよぎって、
糸から紡いで作って、編んでる楽しさを伝えることができませんでした。
ちょっとさびしくて、落ち込んだ日。
確かに生活のすべては、速く、便利にを追求した結果、
どんどんインスタントに物事ができるようになってきた面も多くあって。
便利と不便とどっちをと言われれば、便利をとってしまうけれど。
どこかに大切なものまで一緒に置き忘れてきたような気がする。

でも、春色マフラーはどんどん成長を続けてます。
rainbowlace2.jpg
糸が全く足りないので、また紡ぎ、編みの繰り返し。
ロングピッチで紡いだはずだけれど、グラデーションのピッチがちょっと短いかなと思ったり。

これは針先の比較。
今編んでいるのは、先が丸くて編みにくく、削って尖らせました。
6号針だけれど、ここまで細く削っています。
細番手のレース糸を編むときは、先はとがっている方が編みやすい。
harisakihikaku.jpg


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ

畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments 2

There are no comments yet.
tea  

バリとかネパールとか、あちらから作られて輸入されるものって、ちゃんと手作りのものってわかるし、人件費が安いので、その値段になってしまうのですが、比較されてしまうと、どうにもって感じですよね。
でも、何でも自分で作り出す手仕事の魅力って、あると思うんですよね。人間って身の回りのもの、全部自分の力で作れるんだよって、思いたいです。

2011/03/04 (Fri) 17:48 | EDIT | REPLY |   
じじ  

ウチの近所にも、日本人の女の子がデザインをやって、バリ島の人たちにマフラーを作らせているお店があるのですが、とてもセンスがよくてかわいい。
そして、お値段たったの1900円!

その子の話を聞くと、今バリは、ネパールに次いで、世界の羊毛手仕事工場になりつつあるそうです。
つまり、バリの人たちも、ちゃんと手作業で作ってる。決してインスタントではない、手作りの作品なのです。
こうした相手と比較されると、手作りしてる人間としてのアイデンティティが揺るがされますよね。。。

***

春色マフラー、すんごいきれいなグラデーション出てる!
私もさっさとバザール用マフラーを織りあげて、糸を紡ぎたいですうう

2011/03/03 (Thu) 06:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply