FC2ブログ

やっと一段落

1 Comments
畠山恭子
今年の一番のイベントが終った~。
4月23日の「藤ふ紗會」
お稽古している日本舞踊教室のお浚い会。
20110423.jpg
大和楽「松」↑と長唄「大原女」を踊りました。
お稽古が全然足りてなくて、最後の一ヶ月はそれこそ必死でお稽古しました。
「松」はきっちり女舞。「大原女」前半はおかめの田舎娘のようなバタバタとした女舞。後半は奴(やっこ)の男舞。
3種類の踊りを踊らなくてはいけなかったので、大変でした。

写真は松のしょっぱな。緊張しまくって、顔がこわばってる~。
出も間違えました。

踊っていて振りがすっぽ抜けるということはなかったけれど、やっぱりもっともっとお稽古をしっかり積んで当日を迎えられるようにしたかった。

今回はコンタクトもせずに、視界がぼやけたままの状態で板にのってます。
それがよかったみたい。
身内のお浚い会なので、ちょっとした舞台がついた宴会場なのです。
だから客席が暗いわけではなくて、お客様がしっかり見えます。
見えちゃうと、どうしても緊張しちゃう。
ハードもソフトも目が受け付けなくなってしまってきたので、普段はメガネの生活。
メガネをはずすと、ほんとに見えません。
上手下手の認識だけで踊りました。

でも、おかめの面をつけて踊る「大原女」の前半部分で
自分がどちらを向いているのか一瞬わからなくなりました。
あ~、びっくりした。
失敗しようが、何が起ころうが、曲は流れていくので、ただひたすら踊るしかありません。

1週間前まで、師匠に「弱い!」と叱られていた奴(やっこ)も、なんとかちょっとは様になってたみたいで、
ちょっとだけホッとしました。

(でも、あとからビデオ見たら、あ~、ここ間違えてる。ここ変~とか、いろいろい~~~~っぱい出てくるんだろうな~)
ビデオ見るのは怖いです。

まだまだ腰が据わってないので、浮いたみたいな踊りをしてしまうし、ついつい胸が中に入って、体が前のめりになり勝ちなので、矯正するためにも、背中にものさし入れて、お稽古しようと思った一日でした。

明日は會が終って、初めてのお稽古だ~。
次の曲は何になるのかな~。



畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 1

There are no comments yet.
じじ  

お疲れ様でした~
いつか豪華衣装で踊るteaさんを見たい~!

2011/04/27 (Wed) 09:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。