久しぶりの紡ぎ

1 Comments
畠山恭子
artyarncoil3.jpg
久しぶりに紡いだ糸。
右端のかせは、大阪アートバザールのときに紡いだレインボーを白と合わせて双糸にしたもの。
左側の3つのかせはコイルヤーン。
真ん中二つは勝手にねじりかせになってしまう。
これって、撚り止めやっぱり必要なのかしら????
ドラムカーダーはジュニアなので、量が少なくて、糸としては短い。
こんなに自己主張の激しい糸は、さて、なにに向くのかしら。
いろいろ思いをめぐらせて、どんな作品に生まれ変わらせようか。
考えている時が結構楽しい。

洗ったばかりの真っ白な羊毛もちょっとだけお試し紡ぎ。
細番手で柔らかい繊維なので、レース糸に紡いでるけれど、結構ねばる感じがする。
クリンプが細かいからかな。
柔らかい優しい糸ができそう。

今日は牧場でスピンドル体験。
ウールの会で購入した今年の羊毛洗いもできるかな。
こちらはぬか洗いに挑戦の予定。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 1

There are no comments yet.
じじ  

撚り止めは必要ですよ~
織る場合は蒸し、編む場合は茹で です。

ただし干してる時に重しをかけたことはありません。
あの糸には、重しは要らないよね!

ねじれが気になる場合は、撚り止めの前に数日、バーなどにぶら~んとかけておきます。
そうすると、自然に撚りが平均化されてきます。

baru先生から教えてもらって実践していますが、数日~1週間で、余分な撚りねじれは解消されます♪

2011/05/03 (Tue) 10:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。