Celtic Tatting チョーカー

0 Comments
畠山恭子
celtec.ta.2s.jpgケルティックタティングでチョーカーを試作。本に出ているカラーのパターンの目数を調整して作った。今回は白と薄紫の段染め糸だけれど、チョーカーはやっぱり一色のほうがきれいなので、パターンのピコを小さくするか、数を減らしてチェインの編みを生かしたほうが素敵になりそう。外側のチェインにもビーズを入れたほうがきれい。今日の藤戸先生の教室の帰りに、ケルティックタティング用のシャトルも購入。あわせがきついので、ちょっと広げて使う予定。今度は何を作ろうかな。とりあえずはケルトの十字くらいかな。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。