羊毛を洗う ダッシュ村方式

4 Comments
畠山恭子
5月4日にウールの会の羊毛を洗いに牧場に行ってきました。
会長さんと私と2人で洗いました。
洗うのは1頭分 4.1kgを一度に洗います。
牧場の夢工房では練りモノゲンを使わずにダッシュ村を参考に米ぬかを使って洗っています。
今回はそのやりかたを教えていただきました。
米ぬかの量は羊毛の1割
nukaarai1.jpg
米ぬかをジャージー生地の布袋に入れて、お湯につけてもみだし中。
もみだした液が薄くなるまでしっかりやります。
nukaarai2.jpg
米ぬか液を衣装ケースのような大きなバットに入れて、沸かしたお湯を足して熱めの米ぬか液をつくります。
液の表面はちょっと泡立ちがあります。
ここへ原毛を1頭分、そのままどぼんと漬け込みます。
nukaarai3.jpg
漬け込んだ後。
こんな感じになります。
家では予洗いするんですが、予洗いなしで漬け込んできれいに汚れが落ちるのだろうかとちょっと心配になりますが……。
nukaarai4.jpg
冷めないようにゴミ袋をラップのようにぴたっと密着させて、何枚も重ねます。
nukaarai5.jpg
最後に上からシートでふたをして。
漬け込むのは今回は2時間。
nukaarai6.jpg
ブルーのざるの上には、米ぬか液から出してきた羊毛です。
チラッと見える左上のざるには1度目のすすぎをした羊毛。
結構きれいになっているでしょう。
nukaarai7.jpg
すすぎは3回。
毛先の汚れもきれいに落ちて、すっかりきれいになりました。
このあと洗濯機で脱水をして、乾かします。
nukaarai8.jpg
乾かした羊毛。
こんな風にきれいになりました。

練りモノゲンを使うものだと思っていたんですが、米ぬかでもきれいに洗えるんですね。
洗顔にぬか袋を使うのも、なんだか納得です。
手荒れもありませんでした。
一度に1頭分を洗ってしまうというのは、家ではできませんが、
かなりの重労働でした。
漬け込む時は漬けるだけの放置になるので、楽なんだけれど、
すすぎ作業が中腰で、腰が痛くなっちゃった~。
でも、きれいになった羊毛をみて、毛ほぐしてってのは、楽しい~。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ

畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments 4

There are no comments yet.
tea  
chicoさんへ

廃液は植木に、できますね~。
脂分は、油で脂を落とすって感じです。
羊の毛には優しい洗い方なんだと思います。

2011/05/13 (Fri) 21:43 | EDIT | REPLY |   
tea  
たくいちママさんへ

米ぬか洗い、参考になりましたでしょうか?
すっきり洗うコツは、温度を高めにすること。
すすぐときには、45度以下にならないようにすること。
40度を下回ると、せっかく溶けたラノリンがふたたび毛についてしまいます。
たくいちママさんのところは米ぬかが手に入るんですね。いいな~。街中だとなかなかです~。JAの無人精米所、探さなくっちゃ~。

2011/05/13 (Fri) 20:48 | EDIT | REPLY |   
chico  

米ぬかなら、廃液も植木にやったりできるでしょうから、廃液の心配もあまりないですね!脂分も随分落ちるのでしょうか?やってみたいです。

2011/05/10 (Tue) 09:03 | EDIT | REPLY |   
たくいちママ  

ダッシュ村を見逃してしまったので、写真入りで解説していただけてとても参考になりました。
練りモノゲンは通販じゃないとなかなか手に入りませんが、米ぬかなら捨てるほど手に入るので嬉しいかぎりです。
とっても綺麗になりますね!

2011/05/08 (Sun) 08:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply