なんちゃってキックスピンドル 3種類

0 Comments
畠山恭子
じじさんのオープンハウスのときに、見せていただいたキックスピンドル。
足で回す部分がタイヤでできていて、男前なスピンドル。
スピンドルを足を使って回すので、両手が使える、ちょうど紡毛機とスピンドルの中間にあるようなものだったので、面白くて、早速同じようにできないかと試行錯誤してみました。
Tさんに見せていただかなかったら、挑戦できなかったものです。
Tさん、どうもありがとうございました。
Tさんのブログ→ビッケの毎日 ワイヤーフォックステリアのビッケ君、かっこいい~。

動画でキックスピンドルを検索して調べてみると、かなりクラフトマンの心意気が感じられるような、それはそれは素敵な道具。

機構は全く同じだけれど、本場のキックスピンドルに比べると、チープさ加減がなんともという代物なので、「なんちゃって」なのです。
nabahokick1.jpg
こちらはテーブルの折りたたみ足をスタンドにした、ナバホスピンドルを使ったキックスピンドル。
心棒のストッパーはペットボトルのふたにしていますが、瞬間接着剤を使ってつけたので、あえなく外れました。
木ねじで止めなおします。
これはスピンドルの心棒の一番下の部分を右足の土踏まず側の側面を使って回します。
ナバホスピンドルで、手で回して紡いでる正統なやり方からしたら、
「え~~~~~!!!!」といわれそうな使い方です。
心棒を足でこすって回すので、手で回す時よりも回転は速めですね。
心の声(ナバホはやっぱり胡坐かいてのんびり手で回すのが好き)
椅子に座って太ももに立てかけて回すやり方とよく似ています。
kickspin2.jpg
ナバホスピンドルのなんちゃってキックスピンドルはそれはそれで使えるのですが、
もっとちゃんとキックスピンドルに近いものができないかと、息子と相談していました。
木製のスタンドを作って~~~~~と話していたんですがね。
息子曰く「スピンドルのホイールは足で回すんやろ?だったらUFOみたいな形(いわゆるソロバン型)のホイールが向いてるね」
で、手持ちのスピンドルで使えそうなものがあったと気がつきました。
ホイールは半球になったもの。
いつもは平たいほうを上にして使っていました。
ひっくりかえして、菜ばしを刺すと、キックスピンドルにちょうどいい。
心棒が菜ばしになったので、スタンドはこれまた身近にあるものでできちゃった。
結構細めの糸が紡げます。
kickspin3.jpg
手持ちのスピンドルの中で、今は全く使わなくなってしまっていたものを再利用。
ホイールが大きめで重さも結構あるので、使わなかったのだけれど、
今回はこれがちょうどいい感じ。
ホイールの角だけちょっと落として、足で回しやすいように細工して。
あとは百均のかごに斜めになるようにつっこんだだけの簡単キックスピンドル。
スタンドが動かないように左足でかごを押さえて、右足でホイールを回します。

普段使わない内腿の筋肉を使います~。
慣れたら結構面白い~。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ

畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply