整経と織り始め

0 Comments
畠山恭子
kyounenn1s.jpgkyounenn2s.jpg

リジット機を使って初めての織りに挑戦。リジット機は整経がとても楽だった。説明書のとおりにやってみたけれど、マフラーやショールくらいだったら、簡単でなかなか手軽。机2つにそれぞれリジット機と整経棒をクランプで固定して、必要な長さをあけて、真ん中に整経する糸を置いて、おさに通していくだけ。整経台はまだ作っていなかったので、このやりかたしかできないけれど、楽なので結構気に入った。経糸をかけて、織りの準備をして、織り始めているんだけれど、こんなのでいいのやら。しかも経糸はネップが入っているので、織り始めるとやはり糸が切れる。やっぱりきれいな糸でないと経糸には向かないのね。織り用の糸は表面を荒らさないように蒸して撚り止めするというのはちゃんと理由があるわけなのね。10番手よりも若干細番手なんだけれど、こんなにすかすかな織り地でいいのかな?縮絨したら巾が縮むからこんなんでいいのかもしれないけれど。筬目は4羽/cm。どんなマフラーが出来上がるのかちょっと楽しみ。ちゃんと縮んでくれるといいんだけれど。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。