FC2ブログ

神戸ウールの会の織りの講習の様子を見てきました

0 Comments
畠山恭子
20180814114259eb3.jpeg
ウールの会ではジャック式の本格的な織り機で織りの講習もやっています。
六甲山牧場に織り機があるので、
織りをやりたいメンバーが牧場まで出向いて織っています。
牧場へは、牧場の好意で六甲山牧場への従業員バスを使わせていただいています。

先日、ちょっと牧場まで上がって、
織りの様子を見学してきました。

20180814114257982.jpeg
経糸を張っています。

201808141142588a3.jpeg
この会員さんはスピンドルで紡いだ糸で大判のものを織ります。
織り機の幅、いっぱいいっぱい。
何より、スピンドルで紡いだ糸が素晴らしいです。
20180814114301495.jpeg
ジャック式の織り機ならではの綾織に挑戦です。
経糸、緯糸が同じ糸なので、模様は見難いですが、
こうやって斜めから見ると模様がわかります。
(経糸、緯糸の色を変えると、はっきりと模様がでます。)

20180814114302c01.jpeg
こちらは、織りの今のトレンドの「ヤノフ織り」
ヤノフ織りの本を見ながら、挑戦です。
習いにいかなくても、こうやって織ってしまえるんですね。
ウールの会の会員さんは
織り専門にやっている人、
編み物専門にやっている人、
フェルト専門とか、
いろんな人がいらっしゃるので
そんなメンバーさん同士で教えてもらえるんです。

2018081411425502f.jpeg
こちらは、六甲山牧場の羊毛での紡績糸を使って織っています。
糸がとても細くて、撚りも強いので、
さらっとした肌触りのものです。
縮絨(しゅくじゅう)をかけると風合いが柔らかくなるかなぁ?

今年のウールの会は月2回の活動日を設けて、
定期的に活動していて、
ブログも更新をちょっと頑張っているので、
ブログから見つけてくださって、
新入会員さんが増えてきています。
とってもありがたいですし、
仲間が増えて、嬉しいです。

次回の活動日の19日には
Handful(ハンドフル)というハンドメイドの情報サイトのライターさんが
糸紡ぎの体験にいらっしゃいます。
ハンドエイド情報サイト Handful
今からとっても楽しみなのです。

畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。