手紡ぎサロン ハンドカーダー

3 Comments
畠山恭子
今日は手紡ぎサロンの日。今日は汚毛洗いとハンドカーダーの練習。汚毛洗いは朝出かけるときに、モノゲン液につけこんでいたので、ちょうど5時間くらいつけておけた。ただ、洗った羊毛がちょっといいところでなかったので、あまりきれいにはならなかった。六甲山牧場の去年の毛なので、どうしても黄ばみも出ているから仕方がないな~。今年の汚れは今年のうちに落としましょう。脱水した後でベランダでぶんぶんフリースを振ってごみを落として、適当にそこらに広げておいた。
ハンドカーダーのかけ方と、毛ほぐしのやりかたをレクチャー。実際にきれいにカードがけできているものを見ると、具体的でわかりやすい。デジカメの写真では微妙なところがうまく写らないし。スピンドルで紡ぐと、カードがけをさぼるとてきめんに糸に表れる。手抜きをしたら手抜きをした糸しかできないし、またきちんと手抜きをしないで丁寧にしたら、紡ぐ糸もきれいな糸ができる。手紡ぎをされている皆さんの手元を見ていると、本当に細い細い糸。しかもきちんと太さが整っていて、とてもきれい。最終目標は自分の紡いだ糸でシェットランドレースを編みたいっていうことなので、その目標に向かって着々と進んでいる。やっぱり目標を持っていると、進む速度が違うのね~。最短距離で素敵なレース糸を紡げるようになっていらっしゃるので、本当にびっくりするし、私もまたがんばらなくちゃと活力もらってます。
今日はぐーたらさんからCandyさんのサンプル糸を見せていただいた。ニット向けの甘撚りの細番手。ふわっとしたふくらみのある柔らかい糸だった。紡ぎ車で紡がれた糸なんだけれど、こうして手紡ぎの糸を手にとって見られるというのは、とても勉強になる。自分がどういう作品を作ろうと考えているかによって作る糸も変ってくる。でも、とりあえずいろいろと紡いでみて、この太さだったら、このスピンドルで、ホイールの大きさはこんなくらいで、なんて感じに経験を積み上げていかないとだめなんだろうな~。
畠山恭子
Posted by畠山恭子

Comments - 3

There are no comments yet.
おかっぱ  
今年の汚れ

励ましの書き込みをありがとうございました。
去年、夫が管理する牧場で刈った羊毛が、
そのまま寝かしてある私としては、
今年の汚れは今年のうちに、の言葉は
大変耳に痛いです。
でも、風のない天気の良い日に広げて
どこが使えるか使えないか分けると考えただけで
とても大変そうで、尻込みしています。
ここ何ヶ月か紡ぐどころではなくていましたが、
teaさんのお話を伺って、良い刺激を戴きました。

2005/06/22 (Wed) 07:32 | EDIT | REPLY |   
tea  
ハンドカーダー

Candyさんの糸、とても柔らかくてびっくりしました。私だとあのくらいの細番手になるともう少しきりっとした糸に紡ぐので、細番手なのに甘撚りのふわっとした糸で、ちゃんと糸になっているところに驚いたんです。自分の好みの糸ってあるじゃないですか。だからどの糸が正しくて、どの糸がだめでっていうことはないと思います。
織りの場合はかなり厳しいことを言われちゃうんですけれど、編みの場合だとどんな風合いを求めるかによって違いますものね。

2005/06/21 (Tue) 23:01 | EDIT | REPLY |   
Candy  
うわぁ・・・

おはようございます。 
私の糸がteaさんのところまで行っちゃったんですか・・・冷や汗ぐっしょりです。
なんかすごく適当に紡いでいる(ような気がする)ので、性格までばれてしまいそうで怖いです。

2005/06/21 (Tue) 09:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。